地盤改良は地下テクノ

地盤調査の結果をもとに、適切な基礎設計および、地盤改良のご提案をいたします。
ドリル状の刃(スクリューオーガ)を回転させ、地中に穴を開けていき、その際にセメントを注入し攪拌することで柱状の改良体を作成し、その改良体を持って建物の荷重を支える方法です。鋼管杭工事などよりも比較的安価に施工ができ、住宅や比較的大きな商業施設においても使用が可能です。
 

拡底基礎
建物の全加重を支え、地盤と接する役目を果たすのが基礎です。その基礎の一番下の部分になるのがベースと呼ばれる部分です。(布基礎の場合)若干、土地の耐力に不安があるが、べた基礎やその他改良工事をするほどではないばあいに選択します。
 
べた基礎
布基礎は、基礎がある部分だけにベースがありますが、べた基礎は建物のある部分すべてがベースになっているような形状になっており、布基礎より地盤にかかる圧力を減らすことができます。拡底基礎よりも地耐力が低い場合にも対応できますが、基礎自体の重量が重くなり、沈下が多くなる場合もあります。
 
このほかにも地盤改良の工事方法はあります。詳しくはお問い合わせください。