地盤調査は地下テクノ

なぜ、地盤調査が必要なの?
  建物を建てた際にもっとも恐ろしいトラブルのひとつが不同沈下です。

図 不同沈下のイメージ

  単に地盤が弱いだけではなく、場所によっての地耐力の差が不同沈下を引き起こします。盛土をした土地や昔、田んぼだった土地、擁壁がある土地などは特に要注意です。不動沈下を起こしてしまうと、最悪の場合、新築するのと同じ程度の改修費用が必要となります。
  このように地盤の強さだけではなく、均一さを知るためにも地盤調査が必要なのです。
地盤調査の種類と方法
  最も多く使われている地盤調査の方法のひとつがスウェーデン式サウンディング試験です。

図 SS試験機

  先端にドリルの刃のようなもの(スクリューポイント)がついた棒に荷重(最大100kg)を荷けながら回転させ、25cm貫入するのに何回転(正確には何回半回転したか)したかでその地盤の強度を測定します。
  測定は機械が全自動で行うので人力とは違い、測定の誤差が少ないのが特徴です。通常、複数箇所測定を行います。